相見積もりは不可欠です

納得の塗り替え工事の第一歩、絶対に外せないのは相見積りを取ることです。
相見積りとは複数業者の見積りをとることです。
見積りはどこでも無料です。
面倒くさがらず、最低3社から見積りを取ることをおすすめします。

見積りを依頼する業者を選ぶ

  • 建設業許可業者か?

    1件の請負代金が500万円未満の工事では、建設業許可は必要ありません。
    施工経験の少ない業者、経営基盤の乏しい業者でも参入できます。

  • 訪問販売や点検サービスには注意

    「消費生活センター」のホームページによりますと、リフォームに関する相談の約7割は訪問販売による工事です。

  • 地域での実績や経験を考慮

    基本的に長年同じ場所での営業実績を持つ業者は安心です。
    ウエブサイトを参考に、見積りを依頼する業者選びに時間をかけて下さい。
    その際、価格を重視し過ぎるのは危険です。
    大切なのは価格に見合うキチンとした仕事が出来るかどうかです。

見積りを依頼する時のポイント

  • 相見積りであることを伝えておきます。

    他にどの業者に見積りを依頼しているか言う必要はありません。

  • 相見積りは比較するためのものです。希望する条件を伝えましょう。

    塗料や予算、例えば「ピュアアクリル希望」「遮熱にして欲しい」など、同じ条件で見積りを出してもらいます。

  • 現地調査は絶対必要です。

    現地見地調査なしで価格を出すとすれば、下地調整の必要が多い場合など、どこかで手を抜かざるを得なくなります。実際に見てもらいましょう。

  • 塗装会社や担当者の雰囲気を大切に。

    電話の応対から、会社の雰囲気、信頼感、逆にいい加減さや横柄さなどもわかるはずです。
    現地調査の仕方やその対応からも、信頼できる業者か、何でも尋ねることが出来る担当者か、確かめることが出来ます。

見積り書の比較

見積り書は、単に値段の安い高いだけに注目しないようにしてください。
見積りの仕方に、業者の性格が出ます。

一般的な見積もり書の内訳

  • 「架設足場」などの作業設備に要する費用
  • 「高圧洗浄」「下地調整」などの塗装前の作業費用
  • 「塗装材料費」(塗料+作業人件費)
  • 塗装箇所の面積(数量・単価)

などを詳細な項目にしたものが書かれています。

施工面積の確認

面積の算出方法は業者によって違いますし、多少の誤差は常にありますが、見積り書を比較しながら、面積の確認を行って下さい。

使用塗料の確認

一般的に用いられる塗料には、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素という種類があります。
それぞれに特徴がり、当然価格もかなり違います。
何を使うのか、必ず確認をなさってください。
項目名が『塗料代』などと曖昧になっている場合は要注意です。
塗料の耐久性と特徴そして価格については、「価格について」のページをご覧下さい。

下地処理や修復作業の詳細確認

汚れた壁をきれいにするだけだったら、上から新しい塗料で仕上げれば、目的達成です。
でも苔やカビが付いていたり、ひび割れが入っていたらどうでしょうか。
すぐに塗膜が剥がれたり、雨漏りしたりと、問題が吹き出します。

塗装は下地調整で決まります。
表面に出ない部分なので、手抜きの行われ易い工程ですが、この作業の出来が、後の仕上がりに大いに影響します。
どの程度の下地調整が必要かによって、価格は変わります。

「一式」が出てきたら

使用することもありますが、まとめ方が大きい場合は、注意してください。
内訳を確認しましょう。

「無料サービス」はお得なのか?

例えば、「今だけ足場無料サービス」のような項目がある場合は、疑問に思ってください。
絶対に必要な費用ですので、ここを無料にするということは、その分を必ずどこかが高くなっているか、本来必要なところを抜いているのか・・・でしょう。

塗る回数の確認

一般的には、シーラー(プライマー)+上塗り+上塗りと、3回は塗ります。


塗装(塗り替え)のことは、是非ご相談ください!

お電話またFAXでもお問い合わせ下さい

お問い合せのメールフォームはこちらから